サポニンの効果|高血糖対策・糖尿病予防

サポニン

サポニンに注目する理由は人それぞれですが、血糖値の上昇を防ぐ働きも関心を集めています。
そもそもサポニンは配糖体の一種で、インスリンに働きがあります

 

人は体を動かすエネルギーのためにブドウ糖が必要になります。
ブドウ糖は血液にのって各細胞に運ばれてエネルギーとして使われます。たとえば、脳などもエネルギー源として使われます。

 

しかし、血液中にブドウ糖が溢れてしまうと血糖値が上昇します。
通常、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって血糖はコントロールされます。
インスリン分泌が不足したり働きが低下すると、血糖値をコントロールできなくなります。
それを起こす原因になっているのが生活習慣なので、規則正しい生活が予防につながります。
そこに加えて、サポニンを活用してみると、効果的に防いでいくことができます。
あるいは、やや高めの血糖値なら改善効果も期待できます。

 

今、日本では糖尿病患者や予備軍が増えていると言います。ですが、実際のところ危機を感じている人は少ないです。
今一度、糖尿病の怖さを確認してください。
糖尿病は一生治らないと言われていて、上手く付き合って一生を送らなければなりません。途中で治療を怠ったり、誤ってしまうと、合併症を引き起こしてさらに状態が悪化し、最悪の場合は死に至る可能性もあります。

 

糖尿病の代表的な治療はインスリン投与ですので、サポニンがインスリンの働きを補ってくれたら糖尿病も防げそうですね。