サポニンの効果|血圧上昇対策・高血圧予防

サポニン

サポニンサプリを利用する目的は人それぞれですが、高血圧対策のために飲んでいる方も多いようです。
高血圧は生活習慣病の代表的な病気の一つで、中高年になると、どうしても血圧が高くなりやすくなります。

 

サポニンには血管拡張作用があるため、高血圧対策になると言われています。
血管には太く丈夫な動脈と細くしなやかな静脈があります。
たとえば、軽い切り傷を負ったときに少し出血するのは、静脈が切れた状態です。
動脈は簡単に切れることがないので、大量に出血したときには動脈が切れてしまっている状態が考えられます。

 

私たちの体の中では心臓から血液を全身に送り出しています。このとき使われるのが動脈です。
全身をめぐって、戻ってくるときに使われるのが静脈です。静脈は心臓に血液を戻すためのいわば、ポンプのような役割があります。

 

動脈と静脈を比較すると、動脈の方が丈夫な造りになっています。
とはいえ、脂質が蓄積したりすると丈夫な動脈でもダメージを受けてしまいます。
もし血管内に脂質が溜まってしまうと、血液の通り道が細くなるわけですから、血液循環が悪くなります。それを防ごうと圧力が強くかかるようになり、こうして高血圧になってしまいます。

 

サポニンは血管を拡張させて血液の流れをサポートするため、余計な圧力を防ぎ高血圧対策になります。

 

また、高血圧を防ぐ成分と聞くと、かえって低血圧になるリスクを考えてしまいますよね。
ですが、サポニンは低血圧に対しても良い働きがあります。
血圧を正常な状態へと改善してくれる成分ですから、低血圧の場合でも改善効果に期待出来ます。