サポニンの効果|更年期障害の症状改善

サポニン

サポニンサプリは滋養強壮や生活習慣病対策、疲労などの目的で男性からも人気がありますが、今は女性からの関心度も高くなっています。
サポニンは本当にさまざまな効能があり、40代から50代の女性の悩み、更年期障害の症状の改善に効果が期待出来ます。

 

そもそも更年期障害が起きるのは、閉経するための準備で女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するからです。
そうなるとエストロゲンが足りないと脳が察知して、エストロゲンを分泌するように指令を出します。しかし、それは空振りに終わってしまいます。
そうこうしているうちにホルモンバランスとともに自律神経が乱れ、さまざまな症状があらわれます。
代表的なのは、ホットフラッシュや疲労感、倦怠感、めまい、頭痛、冷えなど。

 

これらの症状がつらいときには病院でホルモン療法を受けて、ホルモンバランスを整えることで症状を改善していけますが、サポニンにもホルモンバランスを変化させる働きがあります。
ゆるやかにホルモンバランスを整えていけるため、体に余計な負担をかけずに改善効果に期待出来るところが魅力です。

 

また、更年期障害は精神的な症状も見られます。
イライラすることが増えてさらにストレスがかかり、症状が悪化するという悪循環にハマってしまうこともあります。

 

サポニンは副腎皮質ホルモンといって脳の中枢神経系に働きかけリラックス作用につながるホルモンの分泌を促します。
そのため、サポニンはイライラや精神的な不安などの症状改善にも効果的です。
つまり、肉体的症状と精神的症状を同時に改善していくことができるので、女性からも注目が集まっています。